Regnessem Logo Testテーマ解説

概要

Regnessemα14付属のTestテーマの解説です。Testテーマはイメージ系をほとんど使わず、またWindowsの標準ウィンドウ枠も使わないテーマです。ここではTestテーマのSkin.iniのセレクタ毎に順を追って解説をしていきます。

[Info]セレクタ

[Info]セレクタにはこのテーマに関する情報が納められています。

Name = Atok16
Author = 山ねこ
Version = 0.1
Url = http://www.be.wakwak.com/~ymnk/
Copyright = Copyright (c) 2001-2003 Yamaneko
Thumbnail =
Comment = Atok16風味
プロパティ名 説明
Name Atok16 このテーマの名前を示しています。このテーマの正式名称はTestテーマではなくAtok16という名前のテーマです。
Author 山ねこ 制作者情報です。山ねこさんが作ったテーマであることを示しています。
Version 0.1 バージョン情報です。現在0.1である事を示しています。
Url http://www.be.wakwak.com/~ymnk/ このテーマについての情報があるアドレスです。(注意:このサイトは以前Regnessemの配布サイトでしたが、山ねこさんの開発停止宣言と共に消滅しましたので現在は存在しません。)
Copyright Copyright (c) 2001-2003 Yamaneko 著作権情報です。このテーマの著作権はYamanekoさんにあることを示しています。
Thumbnail なし サムネイル画像ですが、サムネイル画像はないので表記していません。
Comment Atok16風味 テーマの情報です。このテーマはAtok16風味である事を示しています。

[Window]セレクタ

Regnessemのウィンドウを設定しているセレクタです。ここでウィンドウはWindowsの標準ウィンドウ枠ではなく、フラットなボーダー型であることを記述しています。

Border-Style = Solid
Border-Width = 1
Border-Color = clWindowFrame
Background-Color = clInactiveCaption
プロパティ名 説明
Border-Style Solid ウィンドウ枠が標準ウィンドウ枠ではなく、Solid(直線)である事を指定しています。
Border-Width 1 ウィンドウ枠の大きさを1ピクセルであると指定しています。
Border-Color clWindowFrame ウィンドウ枠の色をclWindowFrame色に指定しています。clWindowFrameとはDelphiのTColor色定数でシステム(Windows)で定められたウィンドウのフレームに用いる色であると定められています。
Background-Color clInactiveCaption ウィンドウの背景色をclInactiveCaption色に指定しています。clInactiveCaptionはシステム(Windows)で定められた非選択状態のウィンドウのタイトルバーの色であると定められています。

[Caption]セレクタ

ウィンドウのタイトルバーに関する設定を記述しているセレクタです。

Font-Color = clCaptionText
Font-Style = Bold
Text-Align = Left
Padding-Left = 5
Padding-Right = 55
プロパティ名 説明
Font-Color clCaptionText タイトルに表示される文字列をclCaptionText色に指定しています。clCaptionTextはシステム(Windows)で定められたウィンドウのタイトルバーの文字色であると定められています。
Font-Style Bold タイトルに表示される文字列をボールド体(太字)に指定しています。
Text-Align Left タイトルに表示される文字列を左寄せで表示するように指定しています。
Padding-Left 5 タイトルに表示される文字列の左余白を5ピクセル空けています。
Padding-Right 55 タイトルに表示される文字列の右余白を55ピクセル空けています。これは[閉じる]ボタン等にタイトル文字列が重ならないようにするためです。

[ClientArea]セレクタ

メンバリストが表示される領域のウィンドウ情報を記述しています。

Background-Color = clWindow
Border-Style = Solid
Border-Width = 1
Border-Color = clWindowFrame
プロパティ名 説明
Background-Color clWindow メンバリスト表示領域の背景色をclWindow色に指定しています。clWindowはシステム(Windows)で定められたウィンドウの色であると定められています。
Border-Style Solid メンバリスト表示領域がSolid(直線)である事を指定しています。
Border-Width 1 メンバリスト表示領域の枠大きさを1ピクセルであると指定しています。
Border-Color clWindowFrame メンバリスト表示領域の枠の色をclWindowFrame色に指定しています。clWindowFrameはシステム(Windows)で定められたウィンドウのフレームに用いる色であると定められています。

[Button.Close]セレクタ

ウィンドウの閉じるボタンに関する設定を記述します。

Top = 3
Right = 5
Width = 14
Height = 14
Text-Align = Center
Font-Family = Marlett
Font-Size = 8
プロパティ名 説明
Top 3 閉じるボタンの配置位置を上から3ピクセルに設定しています。
Right 5 閉じるボタンの配置位置を右から5ピクセルに設定しています。
Width 14 閉じるボタンの幅は14ピクセルだと指定しています。
Hright 14 閉じるボタンの高さは14ピクセルだと指定しています。
Text-Align Center 閉じるボタンの内部テキストは中央揃えで配置されます。
Font-Family Marlett 閉じるボタンのフォントにはMarlettフォントを指定しています。Marlettフォントはシステムのウィンドウ枠等の基本パターンを納めたフォントです。詳細はhttp://www.zdnet.co.jp/help/tips/windows/w0288.htmlを参照して下さい。
Font-Size 8 フォントの大きさを8ポイントに指定しています。

[Button.Close:Up]セレクタ

閉じるボタンが押されていない状態の設定です。明示的に[Button.Close]セレクタの設定を継承している点に注意して下さい。

Clone = Button.Close
Border-Style = Solid
Border-Color = clWindowFrame
Background-Color = clWindow
Font-Color = clWindowText
プロパティ名 説明
Clone Button.Close このセレクタは[Button.Close]セレクタの設定を継承している事を指定します。明示的に指定しなければ設定は継承されません。
Border-Style Solid 閉じるボタンの枠をSolid(直線)に指定しています。
Border-Color clWindowFrame 閉じるボタンの枠の色をclWindowFrame色に指定しています。clWindowFrameはシステム(Windows)で定められたウィンドウのフレームに用いる色であると定められています。
Background-Color clWindow 閉じるボタンの背景色をclWindowに指定しています。clWindowはシステム(Windows)で定められたウィンドウに用いる色であると定められています。
Font-Color clWindowText 閉じるボタンのフォント色をclWindowTextに指定しています。clWindowTextはシステム(Windows)で定められた文字列に用いる色であると定められています。

[Button.Close:Down]セレクタ

閉じるボタンが押された状態の設定を記述します。背景色の違いがあるだけで、基本的には[Button.Close:Up]セレクタと同じ設定ですので説明は省略します。

Clone = Button.Close
Border-Style = Solid
Border-Color = clWindow
Background-Color = clInactiveCaption
Font-Color = clWindow

[Button.Close:Hot]セレクタ

閉じるボタンの上にマウスカーソルが来たときの状態を記述します。ここでは[Button.Close:Up]セレクタの設定を継承しているだけです。

Clone = Button.Close:Up

[Button.Max]セレクタ

ウィンドウの最大化ボタンに関する設定です。基本的には[Button.Close]セレクタと同じですが、配置位置をずらすためにTop,Rightのプロパティ値が違っています。

Top = 3
Right = 21
Width = 14
Height = 14
Text-Align = Center
Font-Family = Marlett
Font-Size = 8

[Button.Max:Up]セレクタ

最大化ボタンが押されていない状態の設定です。基本的に[Button.Close:Up]セレクタと同じです。

Clone = Button.Max
Border-Style = Solid
Border-Color = clWindowFrame
Background-Color = clWindow
Font-Color = clWindowText

[Button.Max:Down]セレクタ

最大化ボタンが押された状態の設定です。基本的に[Button.Close:Down]セレクタと同じです。

Clone = Button.Max
Border-Style = Solid
Border-Color = clWindow
Background-Color = clInactiveWindow
Font-Color = clWindow

[Button.Max:Hot]セレクタ

最大化ボタンの上にマウスカーソルが来たときの状態の設定です。基本的に[Button.Close:Hot]セレクタと同じです。

Clone = Button.Max:Up

[Button.Min]セレクタ

ウィンドウの最小化ボタンに関する設定です。基本的には[Button.Close]セレクタと同じですが、配置位置をずらすためにTop,Rightのプロパティ値が違っています。

Top = 3
Right = 37
Width = 14
Height = 14
Text-Align = Center
Font-Family = Marlett
Font-Size = 8

[Button.Min:Up]セレクタ

最小化ボタンが押されていない状態の設定です。基本的に[Button.Close:Up]セレクタと同じです。

Clone = Button.Min
Border-Style = Solid
Border-Color = clWindowFrame
Background-Color = clWindow
Font-Color = clWindowText

[Button.Min:Down]セレクタ

最小化ボタンが押された状態の設定です。基本的に[Button.Close:Down]セレクタと同じです。

Clone = Button.Min
Border-Style = Solid
Border-Color = clWindow
Background-Color = clInactiveWindow
Font-Color = clWindow

[Button.Min:Hot]セレクタ

最小化ボタンの上にマウスカーソルが来たときの状態の設定です。基本的に[Button.Close:Hot]セレクタと同じです。

Clone = Button.Min:Up

[Button.Restore:Up]セレクタ

ウィンドウの元に戻すボタンが押されていない状態の設定です。ここでは[Button.Max:Up]セレクタの設定を継承しているだけです。

Clone = Button.Max:Up

[Button.Restore:Down]セレクタ

ウィンドウの元に戻すボタンが押された状態の設定です。ここでは[Button.Max:Down]セレクタの設定を継承しているだけです。

Clone = Button.Max:Down

[Button.Restore:Hot]セレクタ

ウィンドウの元に戻すボタンの上にマウスカーソルが来た時の状態の設定です。ここでは[Button.Max:Hot]セレクタの設定を継承しているだけです。

Clone = Button.Max:Hot

[Button.Up]セレクタ

プッシュボタンが押されていない状態の設定です。SimpleUIで目に見える効果が出る場所は、プラグインの設定ボタン、プロファイル管理ウィンドウのボタン等です。

Background-Color = clWindow
Font-Color = clWindowText
Border-Width = 1
Border-Style = Solid
Border-Color = clBtnShadow
プロパティ名 説明
Background-Color clWindow プッシュボタンの背景をclWindow色に設定しています。clWindowはシステム(Windows)で定められたウィンドウに用いる色であると定められています。
Font-Color clWindowText プッシュボタンのフォント色をclWindowText色に設定しています。clWindowTextはシステム(Windows)で定められたウィンドウ内のフォントカラーに用いる色であると定められています。
Border-Width 1 プッシュボタンの枠の幅を1ピクセルに設定しています。
Border-Style Solid プッシュボタンの枠をSolid(直線)に設定しています。
Border-Color clBtnShadow プッシュボタンの枠の色をclBtnShadow色に設定しています。clBtnShadowはシステム(Windows)で定められたプッシュボタンの影に用いる色であると定められています。

[Button.Down]セレクタ

プッシュボタンが押された状態の設定です。SimpleUIで目に見える効果が出る場所は、プラグインの設定ボタン、プロファイル管理ウィンドウのボタン等です。

Background-Color = clInactiveCaption
Font-Color = clWindow
Border-Style = None
プロパティ名 説明
Background-Color clWindow プッシュボタンの背景をclWindow色に設定しています。clWindowはシステム(Windows)で定められたウィンドウに用いる色であると定められています。
Font-Color clWindowText プッシュボタンのフォント色をclWindowText色に設定しています。clWindowTextはシステム(Windows)で定められたウィンドウ内のフォントカラーに用いる色であると定められています。
Border-Style None プッシュボタンの枠をNone(なし)に設定しています。

[MenuBar]セレクタ

メインウィンドウや会話ウィンドウのメニューに関する設定です。

Font-Color = clBtnText
Background-Color = clBtnFace
プロパティ名 説明
Font-Color clBtnText メニューのフォント色をclBtnText色に設定しています。clBtnTextはシステム(Windows)で定められたプッシュボタンのフォントカラーに用いる色であると定められています。
Background-Color clBtnFace メニューの背景色をclBtnFace色に設定しています。clBtnFaceはシステム(Windows)で定められたプッシュボタンの前面色に用いる色であると定められています。

[TabSet]セレクタ

複数接続、複数会話等でのタブ領域に関する設定です。タブ領域の設定なので、この設定はタブボタンには反映されません。

Font-Color = clBtnText
Background-Color = clBtnFace
プロパティ名 説明
Font-Color clBtnText タブ領域のフォント色をclBtnText色に設定しています。clBtnTextはシステム(Windows)で定められたプッシュボタンのフォントカラーに用いる色であると定められています。
Background-Color clBtnFace タブ領域の背景色をclBtnFace色に設定しています。clBtnFaceはシステム(Windows)で定められたプッシュボタンの前面色に用いる色であると定められています。

[TabButton:Active]セレクタ

複数接続、複数会話等での選択状態のタブボタンに関する設定です。

Font-Color = clWindow
Background-Color = clInactiveCaption
Border-Style = Solid
Border-Color = clWindowFrame
プロパティ名 説明
Font-Color clWindow タブボタンの背景をclWindow色に設定しています。clWindowはシステム(Windows)で定められたウィンドウに用いる色であると定められています。
Background-Color clInactiveWindow タブボタンの背景をclInactiveWindow色に設定しています。clInactiveWindowはシステム(Windows)で定められた非選択状態のウィンドウに用いる色であると定められています。
Border-Style Solid タブボタンの枠をSolid(直線)に設定しています。
Border-Color clWindowFrame タブボタンの枠の色をclWindowFrame色に指定しています。clWindowFrameはシステム(Windows)で定められたウィンドウのフレームに用いる色であると定められています。

[TabButton:Inactive]セレクタ

複数接続、複数会話等での非選択状態のタブボタンに関する設定です。

Font-Color = clBtnText
Background-Color = clBtnFace
プロパティ名 説明
Font-Color clBtnText 非選択状態のタブボタンのフォント色をclBtnText色に設定しています。clBtnTextはシステム(Windows)で定められたプッシュボタンのフォントカラーに用いる色であると定められています。
Background-Color clBtnFace 非選択状態のタブボタンの背景色をclBtnFace色に設定しています。clBtnFaceはシステム(Windows)で定められたプッシュボタンの前面色に用いる色であると定められています。

[ScrollBar]セレクタ

リストがウィンドウに収まりきらない時に表示される、スクロールバー領域に関する設定です。会話履歴のスクロールバー、タブ領域の上下ボタンには適用されず、またこの領域を設定するセレクタは存在しません。

Border-Style = None
Background-Color = clWindow
プロパティ名 説明
Border-Style None スクロールバー領域の枠をNone(なし)に設定しています。
Background-Color clWindow スクロールバー領域の背景色をclWindow色に指定しています。clWindowはシステム(Windows)で定められたウィンドウの色であると定められています。

[ScrollThumbs]セレクタ

表示領域を上下にスクロールさせるスクロールバーのつまみを設定します。

Border-Style = Solid
Border-Color = clBtnShadow
Background-Color = clBtnFace
プロパティ名 説明
Border-Style Solid スクロールバーの"つまみ"をSolid(直線)に設定しています。
Border-Color clBtnShadow スクロールバーの"つまみ"の枠の色をclBtnShadow色に設定しています。clBtnShadowはシステム(Windows)で定められたプッシュボタンの影に用いる色であると定められています。
Background-Color clBtnFace スクロールバーの"つまみ"の背景色をclBtnFace色に設定しています。clBtnFaceはシステム(Windows)で定められたプッシュボタンの前面色に用いる色であると定められています。

[ScrollUpButton:Up]セレクタ

表示領域を上に移動させるためのスクロールバーボタンが押されていない状態を設定します。

Border-Style = Solid
Border-Color = clBtnShadow
Background-Color = clBtnFace
Font-Color = clBtnText
プロパティ名 説明
Border-Style Solid 押されていないスクロールバーの上ボタンをSolid(直線)に設定しています。
Border-Color clBtnShadow 押されていないスクロールバーの上ボタンの枠の色をclBtnShadow色に設定しています。clBtnShadowはシステム(Windows)で定められたプッシュボタンの影に用いる色であると定められています。
Background-Color clBtnFace 押されていないスクロールバーの上ボタンの背景色をclBtnFace色に設定しています。clBtnFaceはシステム(Windows)で定められたプッシュボタンの前面色に用いる色であると定められています。
Font-Color clBtnText 押されていないスクロールバーの上ボタンのフォント色をclBtnText色に設定しています。clBtnTextはシステム(Windows)で定められたプッシュボタンのフォントカラーに用いる色であると定められています。

[ScrollUpButton:Down]セレクタ

表示領域を上に移動させるためのスクロールバーボタンが押された状態を設定します。

Border-Style = Solid
Border-Color = clWindowFrame
Background-Color = clInactiveCaption
Font-Color = clWindow
プロパティ名 説明
Border-Style Solid 押されたスクロールバーの上ボタンの枠をSolid(直線)に設定しています。
Border-Color clWindowFrame 押されたスクロールバーの上ボタンの枠の色をclWindowFrame色に指定しています。clWindowFrameはシステム(Windows)で定められたウィンドウのフレームに用いる色であると定められています。
Background-Color clInactiveCaption 押されたスクロールバーの上ボタンの背景をclInactiveWindow色に設定しています。clInactiveWindowはシステム(Windows)で定められた非選択状態のウィンドウに用いる色であると定められています。
Font-Color clWindow 押されたスクロールバーの上ボタンのフォント色をclWindow色に設定しています。clWindowはシステム(Windows)で定められたウィンドウに用いる色であると定められています。

[ScrollDownButton:Up]セレクタ

表示領域を下に移動させるためのスクロールバーボタンが押されていない状態を設定します。このプロパティは[ScrollUpButton:Up]セレクタと同一です。Cloneを使って継承しても同じ結果になります。

Border-Style = Solid
Border-Color = clBtnShadow
Background-Color = clBtnFace
Font-Color = clBtnText

[ScrollDownButton:Down]セレクタ

表示領域を下に移動させるためのスクロールバーボタンが押された状態を設定します。このプロパティは[ScrollUpButton:Down]セレクタと同一です。Cloneを使って継承しても同じ結果になります。

Border-Style = Solid
Border-Color = clWindowFrame
Background-Color = clInactiveCaption
Font-Color = clWindow

[Window.Main .SelectedListItem]セレクタ

メンバリストのメンバが選択された状態を設定します。

Background-Color = clWhite
Font-Color = clHotlight
Border-Color = clHotlight
Border-Style = Solid
プロパティ名 説明
Background-Color clWhite 選択されたメンバの背景色をclWhiteに設定します。clWhiteはDelphi色定数で白(#FFFFFF)に定められています。
Font-Color clHotlight 選択されたメンバのフォント色をclHotlightに設定します。clHotlightはDelphi色定数でシステムの選択項目の色に定められています。
Border-Color clHotlight 選択されたメンバの枠の色をclHotlightに設定します。clHotlightはDelphi色定数でシステムの選択項目の色に定められています。
Border-Style Solid 選択されたメンバの枠をSolid(直線)に設定します。

[HtmlTemplates]セレクタ

会話履歴表示に使われるHTMLテンプレートの設定です。ここではDefaultテーマのテンプレートを使うことを明示的に指定しています。

HeaderTemplate = ../Default/html/Header.html
MessageTemplate = ../Default/html/Msg.html
ReplaceTable = ../Default/html/replace.txt

[Icons]セレクタ

メインウィンドウや会話ウィンドウ等で用いるシステムアイコンの設定です。ここでは何も指定していません。何も指定してない場合は、勿論何も表示されません。

WindowIcon =
MainWindowIcon =
ChatWindowIcon =
NotifyWindowIcon =

[Images]セレクタ

オンライン、オフラインや通知等で使われるアイコンイメージの設定です。ここでは何も指定していません。何も指定していない場合はDefaultのイメージが使われます。

CommonIcons =
ListIcons =